EOS 5D mark II/II用のCOOLな外部マイクアダプター

SONY XLR外部マイクアダプターをDSLRに使う

GINI RIGS Monster PRO

GINI RIGS | 安価で高精度なDSLRリグ

LEGO Follow Focus for EOS 5D Mark II

EOS 5D Mark II 用のレゴで作る動画用ピント微調整装置

AZDEN FMX-DSLR + SONY ECM-MS2

EOS 5D Mark II / III用 業務用マイク

Velocity Solo X2 Crucial m4 CT512M4SSD2

Mac Pro (Early 2009) 再生計画

2012.5.21 金環日食

長野県佐久市で撮影した金環日食

SONY HVR-Z7J

レンズ交換可能なHDVカメラSONY HVR-Z7J

2005年9月9日

HVR-Z1J用のマイクホルダーをHDR-FX1に取付ける!

私はFX1用にビデオ近畿特製のAZDEN製 SGM-1Xを使用していました。取り付けはAZDENのマイクホルダーをアクセサリーシュー経由で行っていましたが、どうにもこうにも大げさで、しかも1個所しかないアクセサリーシューがマイクの設置によって使えなくなってしまいました。SONY純正の照明等をアクセサリーシューに取り付けたくても、分岐アダプター等を介さなければならなく、とても不安定な状態でした。業務用ハイビジョンカムHVR-Z1Jには予めガンマイクを取付けるマイクホルダーが設置されています。なんとかして同じようにできないのか?といろいろネットを探していたら、やっぱりやっている人が居ました!早速、その方法を解説します。

HVR-Z1J用のマイクホルダーASSY 部番X-2023-931-1をSONYの修理センターから手に入れます(最後に説明します)。

マイクホルダーASSYを箱から取り出した様子。


さて、いよいよマイクホルダーの取り付けです。HDR-FX1にはHVR-Z1Jと同様にマイクホルダーを装着できるネジ穴が空いてますので、これを利用します。このネジ穴はゴム製のカバーで覆われています。

細い+ドライバーで固定しているネジを外します。ネジは大変小さいので、くれぐれも無くさないように。ネジを外したら、カバーを手前にスライドさせて抜き取ります。

カバーを外した様子。マグネシウム・ダイキャストのフレームが見えます。そこにネジ穴が切ってあります。ところが、このネジ穴の幅とマイクホルダのネジ穴が全く合わないのです。HVR-Z1Jを所有していないのでよく判らないのですが、なんらかのアダプターをかまさなければなりません。

ネットを探していると、同じような事を考えている方がいらっしゃって、なんとアダプターを自作して、しかも嬉しい事に!!有償配布されていました(JK1EWY 保戸塚時久さんです)。で、さっそく注文。送料込み1,500円。届いたアダプターの内容は下記の写真一式です。カメラ側のネジ穴とマイクホルダー側のネジ穴が空いています。

添付されていた説明書通りに組み立てます。まずはカメラ側のネジを固定します。あまり堅く締めるとネジ穴がダメになってしまうので、適度に。

そして今度はマイクホルダー側のネジを締めます。ところが、ここでトラブル発生!なんとネジ穴が合いません(´Д⊂) と、そこに保戸塚さんからメールが。

昨日1件、マイクホルダーをアダプターに取り付ける際に、どうしてもビスがうまく入らないという事例が有りました。
説明書のようにしても駄目な場合は、マイクホルダーの取り付け穴の中に入っているアルミの小さな筒を取り除いて下さい。どちらか一方だけで大丈夫です。
お手数をおかけすることになりますがよろしくお願いいたします。

なるほど、少しネジ穴の間隔が狭いんですね。マイクホルダーをみると、ネジを通す部分にアルミの小さい管が入ってました。そこでマイクを取付けて後側になるネジ穴部分のアルミの管を、先が細いマイナスドライバーで押し出してあげました。そうすると少し余裕が出来てネジを通す事ができました。下の写真は、マイクホルダーの取り付けが完了した写真です。


外径21mmのマイクを装着したい場合は、別途オプションのマイクスペーサー 部番3-179-882-01が必要です。

マイクスペーサーはゴム製。下の写真はホルダー内部に装着した様子。

ビデオ近畿特製のAZDEN製 SGM-1Xを装着。

FX1とZ1Jでは色が違う為に違和感がありそうですが、不思議にそれはありません。液晶モニタにも緩衝せず、この位置に取付けてもワイド側の視野には映り込みません。なによりも見た目がカッコいい!(笑)これで既存のシューアダプタがフリーになったわけで、照明装置等が取り付けられるようになりました。さっそくこれでフィールドに飛び出してみたいと思います。


■部品の取り寄せ先

(1)HVR-Z1J マイクホルダーASSY ・マイクスペーサー

ソニーブロードバンドソリューション(株)東京修理センターに注文。

インターネットでは対応していません。ご自身の住所、名前、電話番号を記入し、部品の名称・番号・数量を明記したFAXで注文します。なお、クロネコヤマトの代引きのみ扱っています。だいたい2営業日で届くと思います。発送後、先方の担当者から電話連絡があります。

名称
部番
価格(税込み)
HVR-Z1J マイクホルダーASSY
X-2023-933-1
2,100円
マイクスペーサー
3-179-882-01
210円
消費税・運送料・代引き手数料込み合計
2,835円

(2)アダプター

保戸塚さんのWEBサイト

2005年9月6日

HDR-HC1 + PL(偏光)フィルターを装着してみる

PL(偏光)フィルターは、光の表面反射を除去するフィルターです。特に青空、雲等の対象物の色彩を大変鮮やかにする効果があるものです。また、水面の反射を抑え見えなかった水中被写体も撮影する事が出来るようになる優れものです。

今回はHD-5000PRO装着用に、ケンコーサーキュラPLフィルター 62mmを購入しました。

まずは撮影結果を見て頂いて、どのような物か実感して下さい。




PLフィルター無し

PLフィルターあり

凄いでしょう^^ こんなに映りが違ってくるんですよ!水面の反射が無くなり、雲や青空は引き締まりクッキリ映ってます。水面の反射は余計な方向からの光を遮り、雲や青空は大気中の水蒸気による乱反射が無くなった為です。緑の芝生や遠くの山並みも緑色が青カブリが無くなって緑色がキチンと出るようになりました。これも大気中の乱反射を遮った効果です。(PLフィルターの前面部分を回転させ、最もコントラストが高く見えるポイントに調整する必要があります。でも、難しいことではありません。ただクルクル回すだけですからネ)

さて、PLフィルターには数種類あってPL(偏光)、サーキュラーPL(円偏光)の二種類が発売されています。前者はマニュアルカメラ用偏光フィルター、後者はAFカメラ対応の円偏光フィルターと唄っていますが、価格が3倍くらい変わってきます。貧乏な私は(笑)、安いほうを購入。

「AFがあわないかもしれませんよ」と店員に言われましたが、全く問題なくフォーカスをあせる事ができました。

ただ、前にエントリーしたメタルフードを装着するとケラレてしまいまいた。そういう場合は、『サーキュラーPL・ワイド広角レンズ対応・薄枠 C-PL(W)』という物を購入するしか無いかも知れませんね。

HDR-HC1 + ワイコン + フードを装着してみる

HDR-HC1 + ワイコンHD-5000PROにレンズフードを装着してみました。



広角レンズは光の漏れ込みに弱く、視野内に強力な光源がなくてもゴーストの発生が起きてしまいます。特にHD-5000PROのコーティングは他のレンズと比較して決して良い物とは言えない(見た目にはね)ので、フード等の装着によって余計な光を遮る必要があります。幸い、HD-5000PROには62mmのフィルターネジが切ってありますので、これにフードを取付けてみました。

今回使用したのはHAKUBAのワイドメタルフード 62mm KMF-0262(定価1,700円)。ヨドバシカメラ新宿西口本店 カメラ館で試着してから購入しました。

 

HD-5000PROに直接装着すると、映像はケラレル事はありません。また、明らかにゴーストが入ってこなくなります。

ただ、難点なのがレンズキャップが装着できない事。HD-5000PRO付属の物や同じメーカーのHAKUBAのレンズキャップ、ニコンのレンズキャップ等を試したけど無理。設計上不可能な構造なのでしょう。これでは不便なので、フードを外側からかぶせるようなキャップを探してみたいと思います。また、後でエントリーした、PLフィルターを装着してからフードをつけると、ワイド端でケラレてしまいます。TV画面ではほんの少し見えますがメモリースティックに画像を保存したりiMovieなどで取り込んだ場合は明らかにケラレます。これは、TVセーフゾーンというのがあってTVで表示されるエリアと実際に取り込まれているエリアが異なる為、みえ方が異なってくるのです。

#一番最初の写真のようにフードをつけると安定します。

2005年8月31日

HDR-HC1用ワイコン HD-5000PROテストレポート

HDR-HC1用ワイコン HD-5000PROの実写レポートです

HDR-HC1にレイノックス HD-5050PROを取付け、再生画像をメモリースティックにキャプチャーしました。




とあるゴルフ場で撮影。このイメージだけで、ワイドコンバージョンレンズの威力を感じる事ができます。

↓HC1のワイド側で撮影した画像です。

(LINK先はオリジナル)

↓HD-5000PROを装着し、ワイド側で撮影した画像です。

(LINK先はオリジナル)


今度は画像の中央部分と周辺部を拡大してみましょう。

黒いフレーム部分を拡大しました。

↓HC1のワイド側

↓HD-5000PROを装着し、ワイド側

<画像の中央部分のクローズアップ>

↓HC1のワイド

↓HD-5000PROを装着し、ワイド側

<画像の左下部分(周辺部)のクローズアップ>

↓HC1のワイド

↓HD-5000PROを装着し、ワイド側


この価格でこれだけの画像が得られるのは優秀ではないのかと思います。周辺部でもそれほど画像が流れていたり色収差を強く感じる印象はあまりありません。特に動画として見る場合は、諸収差の影響はさほど気になりません。

軽量かつコンパクトで、さらに62mmのフィルターネジも切ってあるので各種フィルターを取付ける事が可能。もはや画角が狭い「標準状態」のHC1で撮影する事が、いやになってしまいそうです。RAYNOX HD-5000PROは、HC1の定番アイテムになりそうです。

2005年8月28日

HDR-HC1用マイクはどうする?

HDR-HC1で撮影して、いざ帰ってTVで見てみると凄くノイズがのっていてガッカリ・・・って事はありませんか?メカノイズだけではなく、手が触れる音とか結構目立ちますよね。HC1の内蔵マイクの位置が手で持つ所に程近く、特にレンズ周辺にあるズームリングやボタンを操作しているときに、その音を拾ってしまうのです。解決方法は唯一、外付けマイクを使う事です。
今、私がハンディカム(DV)用に持っているのがこのタイプ。通常のアクセサリーシューに取付けるタイプで、型番はECM-Z37Cというガンマイクです。


でもHDR-HC1にはアクセサリーシューがアクティブインターフェースシューというものなので装着は無理です。
家になにか転がってないかなと探した所カメラ用のプレートがあったので、これを雲台穴に取付けて利用してみました。
まず、三脚穴にプレートを取付けます。
マイクを取付けた所。なんかブチャイクですねぇ^^
右側に取付けると、カメラを持つ事が出来ません。仕方がなく左側に。このプレート、液晶に緩衝しそうです(´Д⊂)
そこで斜め右側に持ってきました。映りこまないように位置を設定します。でもなんだか格好悪いなぁ・・・・。やっぱり専用のマイクを買わないと行けないのかなぁ。。
ところで、FX-1にはAZDEN SGM-1Xを取付けてます。プロ用なので、超高音質ですがカメラマウントがふにゃふにゃなので、結構大げさ。でも、これは改良予定です。

2005年8月26日

HDV デジタルハイビジョンハンディカム Blog Peopleを作成

ブログピープルとは、「サイト更新通知サービス」をベースに blogユーザやblogサイトの 出会いの場を提供するサービスです。設定は簡単!共通した話題を更新時に指定したアドレスにトラックバックを打って頂くだけです。



SONY HDV デジタルハイビジョンハンディカムに関する情報などを記事にしましたら、指定したアドレスへTBをして下さい(http://member.blogpeople.net/tback/03674)。HDV関係に関係ありそうな話題・・・例えば、Final Cut StudioやiMovie HD等編集の話題などでもOKです。

どんどんHDVの輪を広げて行きましょう(^。^)/

ブログピープルについてはコチラ

↓↓↓

http://www.blogpeople.net/

HDR-HC1用ワイコン HD-5000PRO

HD-5000PRO ワイドコンバージョンレンズ0.5X

HDR-HC1はカール ツァイスレンズT*F1.8~2.1 f=5.1~51mm(35mmフィルムカメラ換算で41~480mm)ですが、HDR-FX1ほど広角側が広くありません。参考までにFX1とHC1を比較してると、約10mmの焦点距離の差がある事が判ります。

HC1
FX1
受光素子 1/3型 297万画素CMOSセンサー(198万有効画素) 1/3型 112万画素3CCD
レンズメーカー カール ツァイスレンズT* カール ツァイスレンズT*
レンズF値 F1.8~2.1 F1.6~2.8
レンズ口径(フィルター系) 37mm 72mm
焦点距離(35mm換算) 41~480mm f=32.5~390mm

広角側での10mmの焦点距離の差はものすごく大きく、例え1mm違っただけでも視野角が変わってきます。そこでワイドコンバージョンレンズの登場です。ソニー純正のワイドコンバージョンレンズ『VCL-HG0737Y(倍率0.7倍)』は約320gもあり小型なHC1に装着するとアンバランスになってしまいます。

HDR-HC1 用 ワイドコンバージョンレンズ VCL-HG0737Y
VCL-HG0737Y

ベストプライス ラックさん

14,400円

そこでHC1ユーザさんで噂のワイコン:レイノックス HD-5000PRO を購入しました。

※2006年5月15日よりRA3734P5アダプターリング(34mmネジ径ピッチ0.5)が同梱されている「レイノックス HD-5050PRO」としてリニューアル販売されています。レンズ性能は同一。HD-5050PROにはRA3725(25mmネジ径用)は含まれていません。

【受発注(お取り寄せ)】raynox デジタルビデオ用ワイドコンバージョンレンズ HD-5000プロ 100153
HD-5050PRO

相場:8,800円

早速届いたので恒例の箱空の儀式から^^

値段が値段だけに、パッケージはシンプル。

数種類の変換リング(アダプタ)が同梱されています。

レンズのコーティングはイマイチですね。

予めHC1にあう37mmのアダプタが装着されているので、そのままポンづけできます。

アダプタを外した所。レンズが若干せり出しているのがお分かりになるだろうか?

絶対にアダプタを使用せずにカメラに装着しないように。

装着したときの様子。ちょこっと出っ張ってしまいますがまだまだ許せる範囲。それに重いバッテリーを装着した時にバランスがよくなりますね。本体がシルバーだとより馴染んで見えるかもしれません。

実際の撮影画像は後日掲載します。

Search