EOS 5D mark II/II用のCOOLな外部マイクアダプター

SONY XLR外部マイクアダプターをDSLRに使う

GINI RIGS Monster PRO

GINI RIGS | 安価で高精度なDSLRリグ

LEGO Follow Focus for EOS 5D Mark II

EOS 5D Mark II 用のレゴで作る動画用ピント微調整装置

AZDEN FMX-DSLR + SONY ECM-MS2

EOS 5D Mark II / III用 業務用マイク

Velocity Solo X2 Crucial m4 CT512M4SSD2

Mac Pro (Early 2009) 再生計画

2012.5.21 金環日食

長野県佐久市で撮影した金環日食

SONY HVR-Z7J

レンズ交換可能なHDVカメラSONY HVR-Z7J

2010年12月22日

B&H Photoへ今年3回目の注文

20101222.gif

またまたおなじみのB&H Photo Videoから、とある物を輸入中。

今回の経路はNEW YORKからUNIONDALE、JAMAICA、LOUISVILLE、そしてアンカレッジを経由。

 

しかし!!!今UPSのステータスを見ると、

「ANCHORAGE, AK, US, 2010/12/21 7:00 スケジュールされた接続ができませんでした(THE SCHEDULED CONNECTION WAS MISSED)」!!

 

なにー!飛行機に乗り遅れただとー! orz.......

 

昼の便もあるのだろうか。。。

2010年12月11日

B&H Photoへ今年2回目の注文

2011210.gif

現在、おなじみのB&H Photo Videoから、とある物を輸入中。

いつものようにNEW YORKからNEWARK、LOUISVILLE、そしてアンカレッジを経由して成田に到着。

UPSの場合は、日本に到着する前に通関業者に情報が登録されるらしく、通関が空港到着後わずか2時間で完了してしまいます。さすがに今日は配達されないので、明日以降ヤマト運輸にて配達されるでしょう。

 

水曜日までに注文すると在庫品がある場合は、その週のうちに到着します。

ただ、今回別の注文がもう一つあって、それはbackorderになってしまってるので、いったい何時到着するのか。。。

2010年11月20日

NEX-5+ フォクトレンダー NOKTON 35mm F1.2 Aspherical

IMG_8986

NEX-5に NOKTON 35mm F1.2 Aspherical(ノクトン 35/1.2 ASPH)を着けてみました。



焦点距離35mmのレンズでは世界一明るいレンズのNOKTON 35mm F1.2 Aspherical。 NEX-5に装着すると、焦点距離が約50mm相当になるので、35mmフィルムカメラの標準レンズ(50mm)領域になります。レンズそのものが非常に重く、ずっしりときますが、フォーカスリングのしっとり感、程よいクリック感がある絞りリングの感覚は、最高ですよ。何しろF1.2というとてつもなく明るいレンズ故、暗い場所でも早いシャッタースピードで撮影が可能です。逆に明るい日中では、この記事にある可変NDフィルターの出番がやってきます。

IMG_8992

 

Mマウントレンズは、前回ご紹介した「フォクトレンダー ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II」と合わせて二本になりました。さて次は?w

IMG_8996

 

DSC00812

 

DSC00809

2010年11月19日

GENUS 可変ND フィルター(Genus ND Fader Filter)

IMG_9027

GENUS 可変ND フィルター 77mmです。

今回はB&Hから購入しました。134.95 US$(約11000円)。日本だとSYSTEM5さん で購入可能です。

 

被写界深度の浅い映像を撮影するため、F値の小さい大口径レンズを使用するのですが、その際深刻な問題になってくるのが、明るいレンズ故に露出オーバーになってしまう事です。特に日中では、カメラのISO設定を最低にしても、F値を開放にすると最速シャッタースピードでも露出オーバーになってしまう事があります。そこでNDフィルターの登場になるのですが、実際には何枚もNDフィルターを揃えないといけないし、交換するのも面倒です。そこでこの可変NDフィルタを使用すると、1枚で無段階に露出量を調節する事が可能です。

一番絞りきった状態では、電球のフィラメントが見える程度まで減光してくれます。今回はキャノンレンズ用に77mmの大口径を選択しましたが、ステップアップリングを使用すれば、小口径レンズにも使用できます。ちなみに、フィルター径が大きければ小さいレンズを使用したときにケラレる心配が減るので、大口径タイプの購入をお勧めします。

 

サンプル映像が無いので申し訳ないのですが、SYSTEM5さんの紹介ビデオがありますのでそちらをご覧下さい。ちなみに、ビデオαさんの記事も参考になります。

http://www.videoalpha.jp/pdf-archive/pdf/new/2010/1005_p148-149.pdf

 



なお、KENKOからVariable NDX ND2.5-ND1000という製品が発表されています。年内中に販売開始になるそうですよ。

 

それにしてもGENUS のDSLRの製品は、他社と比較すると安いですなぁ

2010年11月7日

NEX-5+ フォクトレンダー ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II

IMG_8987

コシナのフォクトレンダー ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical IIをNEX-5に着けてみましたよ。マウントアダプタはmuk select(RJ Camera香港製)です。



超広角レンズでお散歩カメラには持ってこいのレンズ。

F5.6と暗めですが、感度が高いNEX-5では特に問題にはなりません。

なお、フードは固定式で取り外しができません。

IMG_8988

IMG_8991

写真をクリックすると拡大できます。

DSC00624

DSC00622

DSC00643

DSC00775

DSC00674

DSC00797

2010年11月1日

NEX-5とグライドカム HD2000

IMG_9024

前回の記事でB&H Photo videoから届いた物は、念願だったスタビライザーシステムのグライドカム HD2000(Glidecam HD2000 Stabilizer System)です。購入価格は$449.95なので、約3.6万円という破格の値段。日本だと10万円に近い値段なので物凄いオトクですね。



競合機種のステディカムマーリンと悩みましたが、調整のしやすさがこちらの方が簡単らしい事、値段が安いこと、それに搭載可能なカメラ重量に幅があるのでグライドカムを選びました。

 

これにNEX-5を搭載すると、カメラ荷重量0.9~2.7kgのHD2000には軽すぎるみたいで(^^;

ウェイトは全部取りさらった状態でバランスが合いました。

IMG_9026

これ、物凄く軽いシステムですね。腕への負担が殆ど有りません。  

IMG_9025

 

一方、EOS 5D MKIIを搭載すると。。。。お、、重いっす 汗

ちなみにウェイトは2枚x2で合計4枚セット(EF17-40mm F4L USMとバッテリーグリップ BG-E6)。

(ストラップは撮影時には外します)

IMG_9028

 

さらにSONY HVR-Z7Jを搭載すると、本来ならば搭載重量オーバーなのですが、ウェイトを全て載せてバランサー部分を一番延ばし切った状態でバランスがあいましたが、、、究極に重いです。これはちと辛い。。

IMG_9032

IMG_9034

IMG_9033

2010年10月25日

B&H Photo Videoから色々到着♪

_DSC0314

B&H Photo Videoへ発注してあった物が色々到着しました!




現在、大変な円高になっていますが、しばらくすると日本製品の輸出価格も上昇し日本の価格と差がなくなってしまいます。しかし海外の在庫の価格はまだ値上がっていない状況なので、1ドル=100円の時と比較すると単純に15% オフの価格で購入できます。

 

また、注文してからわずか4営業日で商品が到着するので、下手な日本のショップよりも早かったりするから、彼らの仕事の良さには大変驚かされます。

 

そんなオイラは、日本ではこの価格では買い辛い物を今回オーダーしました。それは追って記事にいたします。

  

ちなみにB&Hから購入する方法は、過去の記事にまとめてあるのでご覧下さい。 

B&H Photo Videoで購入方法<前編>
B&H Photo Videoで購入方法<中編>
B&H Photo Videoで購入方法<後編>

 

HDSLR関連の商品も2年前と比較すると充実し、価格も下がっています。B&HではHDSLR関連商品をまとめて有るので、見るだけでも楽しめますよ!

2010年10月24日

NEX-5始めました!

IMG_9018

HDV Blogと称しながらHDVではないネタが殆どしめておりますが(笑)、この度巷で話題の最新ミラーレスカメラのSONY NEX-5を導入しました♪

このカメラの一番の特徴はなんといっても短いバックフォーカスでしょう。そのため、フランジバックがEマウントよりも長い様々なレンズをマウントアダプタを介して付けられる楽しみがあります。

 

お出かけカメラに近いので、とりあえず最初はカメラケースを購入。購入したのはHAKUBA/ハクバ DBC-NEX5RD ピクスギア 本革ボディーケースセット SONY α NEX-5専用 カラー:レッド 。

 

専用ストラップを装着してカメラケースの耳?をそれに引っかけるという簡単な物です。電池やメディア交換が簡単に可能。液晶モニタのチルト機能も問題なくできます。

IMG_9019

 

ちなみに裏面はこんな感じですよ。

IMG_9020

 

2010年9月18日

Thanks!! VINCENT LAFORET san

I am surprised because you have introduced my small article in your very famous blog.
I would like to say thank you very very much!

9月15日から私のブログへ大変沢山のアクセスがあったので、なぜなんだろな?と調べてみたところ、私の超マニアックな記事「DIY LEGO Follow Focus for EOS 5D Mark II 」がピューリッツァー賞受賞カメラマンのビンセント・ラフォーレ氏のブログで紹介されたみたいです(^^)/ 

 

ビンセント・ラフォーレ氏。EOS 5D MKIIユーザーなら皆さんご存知ですよね? EOS 5D MKII発表直後に大変衝撃的なHD動画で世間をあっと言わせたEOS 5D MK2のデモムービーを作成した、大変有名な方です。いや~私の超マニアックな記事を見つけて下さるとは、、大変光栄です。。。

2010年8月27日

メモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1/MRC1K」 本体ファームウェア Ver.2.00アップデートのお知らせ

SONY/ソニー メモリーレコーディングユニット [HVR-MRC1K] 本体ファームウェア Ver.2.00アップデートが発表されています。

 

【機能拡張内容】
��)SANDISK超高速コンパクトフラッシュ(60MB/秒以上)への対応
��)Final Cut Proで一部の映像が取り込みできなくなる現象への対応

 

【対象製品と対象製造番号】
対象製品: メモリーレコーディングユニット「 HVR-MRC1/MRC1K 」
※HVR-Z7J、HVR-S270Jの付属されているメモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1」と単品販売しているメモリーレコーディングユニット「HVR-MRC1K」が対象です。
 

対象製造番号:
HVR-Z7J付属品:10001~11500
HVR-S270J付属品:3010001~3011160
HVR-MRC1K(単品):2040001~2040250、3040001~3041750
※対象製造番号の製品であっても一部ソフトウェアアップデートが完了しているものがあります。
詳しくは、本体に表示されるバージョン情報を確認してください。

アップグレード方法は

1)ファームウェアをダウンロードして各自でアップデート

2)SONY業務用機器修理窓口へ持ち込み(作業費は有償)


2010年3月16日

EOS 5D Mark IIの24fps動画対応ファームウェアを公開

待望されていた24fps動画対応ファームウェアが公開されました。
EOS 5D MarkIIファームウェア 変更 Version 2.0.3 http://web.canon.jp/imaging/eosd/firm-j/eos5dmk2/firmware.html

ファームウェア変更内容> このファームウェアの変更 (Version 2.0.3) は、以下の 1.~5. の動画機能の向上および 6. の修正を盛り込みました。 1.以下のフレームレートを追加・変更しました。  NTSC:   1920×1080 30fps <29.97fps に変更>   1920×1080 24fps <23.976fps を追加>   640×480 30fps <29.97fps に変更>  PAL:   1920×1080 25fps <25.0fps を追加>   1920×1080 24fps <23.976fps を追加>   640×480 25fps <25.0fpsを追加> 2.録音レベル手動調整機能を追加(64段階)しました。 3.動画マニュアル露出撮影時にヒストグラム表示(輝度または RGB)を追加しました。 4.動画撮影の露出モードにシャッター速度優先AE(Tv)モード、絞り優先AE(Av)モードを追加しました。 5.音声のサンプリング周波数を変更(44.1KHz → 48KHz)しました。 6.センサークリーニングの「手作業でクリーニング」を行った後にレンズとの通信が正常に行えないことがある現象を修正しました。(この現象はファームウェア Version 1.2.4 のみで発生します。) -------------------------------------

2010年3月3日

EOS 5D Mark IIの24fps動画対応ファームウェアを3月中旬に公開

キヤノンは2日、デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark II」の動画撮影機能を向上したファームウェアを発表。3月中旬にダウンロードを開始できるよう準備中。

下の1.~5.の動画機能の向上および6.の修正を盛り込みます。

1. 以下のフレームレートを追加・変更

 NTSC:

1920×1080 30fps <29.97fpsに変更> 1920×1080 24fps <23.976fpsを追加> 640×480 30fps <29.97fpsに変更>  PAL:

1920×1080 25fps <25.0fpsを追加> 1920×1080 24fps <23.976fpsを追加> 640×480 25fps <25.0fpsを追加> 2. 録音レベル手動調整機能を追加(64段階)

3. 動画マニュアル露出撮影時にヒストグラム表示(輝度またはRGB)を追加

4. 動画撮影の露出モードにシャッター速度優先AE(Tv)モード、絞り優先AE(Av)モードを追加

5. 音声のサンプリング周波数を変更(44.1KHz→48KHz)

6. センサークリーニングの 「手作業でクリーニング」 を行った後にレンズとの通信が正常に行えないことがある現象を修正しました。※

※この現象はファームウェア Version 1.2.4 でのみ発生します。


http://cweb.canon.jp/e-support/products/eos-d/100302eos5dmk2.html

2010年2月9日

EOS 5D Mark IIのmovieをFinal Cut Proに取り込むためのプラグイン

EOSで撮影したフルHDの映像(EOS MOVIE)をFinal Cut Proに読み込み、動画編集ワークフローにおいて必須の「切り出しと転送」機能により映像の必要なカット部分だけを切り出し、編集に適した「ProRes」形式に変換して保存するプラグイン 「EOS MOVIE Plugin-E1 For Final Cut Pro」を発表。3月下旬よりβ試供版を提供開始予定。対応バージョンは、Final Cut Pro Ver 6.0.6、Ver 7.0。
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/eosmovie/fcp/

Search