EOS 5D mark II/II用のCOOLな外部マイクアダプター

SONY XLR外部マイクアダプターをDSLRに使う

GINI RIGS Monster PRO

GINI RIGS | 安価で高精度なDSLRリグ

LEGO Follow Focus for EOS 5D Mark II

EOS 5D Mark II 用のレゴで作る動画用ピント微調整装置

AZDEN FMX-DSLR + SONY ECM-MS2

EOS 5D Mark II / III用 業務用マイク

Velocity Solo X2 Crucial m4 CT512M4SSD2

Mac Pro (Early 2009) 再生計画

2012.5.21 金環日食

長野県佐久市で撮影した金環日食

SONY HVR-Z7J

レンズ交換可能なHDVカメラSONY HVR-Z7J

2010年11月20日

NEX-5+ フォクトレンダー NOKTON 35mm F1.2 Aspherical

IMG_8986

NEX-5に NOKTON 35mm F1.2 Aspherical(ノクトン 35/1.2 ASPH)を着けてみました。



焦点距離35mmのレンズでは世界一明るいレンズのNOKTON 35mm F1.2 Aspherical。 NEX-5に装着すると、焦点距離が約50mm相当になるので、35mmフィルムカメラの標準レンズ(50mm)領域になります。レンズそのものが非常に重く、ずっしりときますが、フォーカスリングのしっとり感、程よいクリック感がある絞りリングの感覚は、最高ですよ。何しろF1.2というとてつもなく明るいレンズ故、暗い場所でも早いシャッタースピードで撮影が可能です。逆に明るい日中では、この記事にある可変NDフィルターの出番がやってきます。

IMG_8992

 

Mマウントレンズは、前回ご紹介した「フォクトレンダー ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II」と合わせて二本になりました。さて次は?w

IMG_8996

 

DSC00812

 

DSC00809

2010年11月19日

GENUS 可変ND フィルター(Genus ND Fader Filter)

IMG_9027

GENUS 可変ND フィルター 77mmです。

今回はB&Hから購入しました。134.95 US$(約11000円)。日本だとSYSTEM5さん で購入可能です。

 

被写界深度の浅い映像を撮影するため、F値の小さい大口径レンズを使用するのですが、その際深刻な問題になってくるのが、明るいレンズ故に露出オーバーになってしまう事です。特に日中では、カメラのISO設定を最低にしても、F値を開放にすると最速シャッタースピードでも露出オーバーになってしまう事があります。そこでNDフィルターの登場になるのですが、実際には何枚もNDフィルターを揃えないといけないし、交換するのも面倒です。そこでこの可変NDフィルタを使用すると、1枚で無段階に露出量を調節する事が可能です。

一番絞りきった状態では、電球のフィラメントが見える程度まで減光してくれます。今回はキャノンレンズ用に77mmの大口径を選択しましたが、ステップアップリングを使用すれば、小口径レンズにも使用できます。ちなみに、フィルター径が大きければ小さいレンズを使用したときにケラレる心配が減るので、大口径タイプの購入をお勧めします。

 

サンプル映像が無いので申し訳ないのですが、SYSTEM5さんの紹介ビデオがありますのでそちらをご覧下さい。ちなみに、ビデオαさんの記事も参考になります。

http://www.videoalpha.jp/pdf-archive/pdf/new/2010/1005_p148-149.pdf

 



なお、KENKOからVariable NDX ND2.5-ND1000という製品が発表されています。年内中に販売開始になるそうですよ。

 

それにしてもGENUS のDSLRの製品は、他社と比較すると安いですなぁ

2010年11月7日

NEX-5+ フォクトレンダー ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II

IMG_8987

コシナのフォクトレンダー ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical IIをNEX-5に着けてみましたよ。マウントアダプタはmuk select(RJ Camera香港製)です。



超広角レンズでお散歩カメラには持ってこいのレンズ。

F5.6と暗めですが、感度が高いNEX-5では特に問題にはなりません。

なお、フードは固定式で取り外しができません。

IMG_8988

IMG_8991

写真をクリックすると拡大できます。

DSC00624

DSC00622

DSC00643

DSC00775

DSC00674

DSC00797

2010年11月1日

NEX-5とグライドカム HD2000

IMG_9024

前回の記事でB&H Photo videoから届いた物は、念願だったスタビライザーシステムのグライドカム HD2000(Glidecam HD2000 Stabilizer System)です。購入価格は$449.95なので、約3.6万円という破格の値段。日本だと10万円に近い値段なので物凄いオトクですね。



競合機種のステディカムマーリンと悩みましたが、調整のしやすさがこちらの方が簡単らしい事、値段が安いこと、それに搭載可能なカメラ重量に幅があるのでグライドカムを選びました。

 

これにNEX-5を搭載すると、カメラ荷重量0.9~2.7kgのHD2000には軽すぎるみたいで(^^;

ウェイトは全部取りさらった状態でバランスが合いました。

IMG_9026

これ、物凄く軽いシステムですね。腕への負担が殆ど有りません。  

IMG_9025

 

一方、EOS 5D MKIIを搭載すると。。。。お、、重いっす 汗

ちなみにウェイトは2枚x2で合計4枚セット(EF17-40mm F4L USMとバッテリーグリップ BG-E6)。

(ストラップは撮影時には外します)

IMG_9028

 

さらにSONY HVR-Z7Jを搭載すると、本来ならば搭載重量オーバーなのですが、ウェイトを全て載せてバランサー部分を一番延ばし切った状態でバランスがあいましたが、、、究極に重いです。これはちと辛い。。

IMG_9032

IMG_9034

IMG_9033

Search